• トップ /
  • 歯科医で受ける診断には

歯科医で受ける診断

症状別の歯科の虫歯治療

歯の痛みは歯科医へ行こう

歯や歯の根元が痛むときは歯科医師のところで診断を受けます。すると、問診やレントゲンなどの検査により、その原因が特定されます。虫歯や、歯槽膿漏、知覚過敏など様々な原因と思われる中から、診断結果が伝えられ、場合によってはその場において治療が開始されます。その多くは痛みの原因を除去あるいは軽減させるために行う処置です。この治療に関しては、技術の進歩により的確に痛みを改善させる治療法が確立しています。したがって医師の指示にしたがって過ごすことにより、そういった状況は改善に向かうことでしょう。

歯医者さんになるには

歯医者さんになるには、大学歯学部あるいは歯科系大学を卒業し、厚生労働省が管轄する歯科医師国家試験に合格することです。合格してもすぐには独立できません。歯科大学病院で1~2年の研修が義務付けられています。ここでは歯医者さんになるために、歯科全般に渡って実技などを学んだり講義を受けたりします。研修が修了すれば、独立できます。ほとんどは開業の道を選びます。他にも大学で研究をしたり、病院で勤務したり、といろいろあります。

↑PAGE TOP

Menu